読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギタカメとおんがく(仮)

好きな音楽教えてください。

Take Five(ジャズ)おすすめカバー10選~無類のTake Five好きへ

f:id:jarannu:Take Five

ジャズのスタンダードの中に「Take Five」というスタンダード曲があります。名前の通り5拍の奇数拍、つまり変拍子なのですがそれを感じさせない聞きやすさのある曲なんです。一度はどこかで聞いたことがあるかも。今回は変拍子初心者が楽しめそうな、「Take Five」のカバーをいくつか紹介していきます。一通り聞き終わると5拍の気持ちよさに脳がOK信号を出すようになりますよええ。5拍最高!!!!!

※Take Fiveはアレンジされて5拍じゃなくなることが多いです。ので5拍Ver以外のカバーも紹介していきます。

 

Dave Brubeck

www.youtube.com

オリジナル

初代です。Paul Desmond作曲。サックス・ピアノ・ベース・ドラムの編成。

ツアーで海外を回っているとき、ブルガリアの音楽が変拍子であり、それを聞いた彼らが変拍子を取り入れこの曲が生まれたそうです。

いかにも系なジャズなのですが、ジャズを聞き慣れていない人でもメインテーマのメロディは聞きやすいと思います。伴奏のピアノのフレーズもかなり耳に残るような作りで、タラッタラッタッラが頭のなかで延々とループするようになってTake Five信者の仲間入り。変拍子とか深いことを考えなくても、いい曲は自然とからだに染み渡っていくものです。

George Benson

www.youtube.com

 ポッピーなギターカバー

最近はあまりギターを弾いてくれないジョージ・ベンソンのカバー。サックスは渡辺貞夫の。高校生の時にこの動画をみてジャズギターを始めるに至った思い出の曲。

原曲に比べてかなりポップな感じにアレンジされています。ギターのまろやかなのにパリッとした感じが、リズムを弾ませる。途中からかなり盛り上がる展開になるので、ギタリストには是非見て欲しいカバーです。

Al Jarreau

www.youtube.com

声でカバー

アル・ジャロウ!最近逝去されてしまいましたが、この歌い方は唯一無二です。

彼独特の歌い方がとっても癖になります。歌詞は良くわかりませんが、「パウンド~」みたいなところは何回も再生したくなる中毒フレーズ。後半のスキャットは5拍のリズムを駆け巡る胸熱の展開。やはり声の可能性は無限大。パウンドされてぇ~なアレンジ。

Jazzkantine

www.youtube.com

後ノリできるファンキーカバー

この曲は4拍子です。いいですか?4拍子です

彼らのWikiはドイツ語のみなのでよく知らないバンド。でもナイスカバーなので紹介。

ファンクの乗りやすいリズムにアレンジすると偶数拍になってしまうのだろうか…

この曲なら変拍子初心者でも入りやすいと思います。だって変拍子じゃないもの。

聞いてると体が上下してくるアレンジです。

New York Ska Jazz Ensemble

www.youtube.com

ラジカセ持って聞きたいスカ系レゲエ風カバー

 スカバンドで有名なバンドのカバー。スカは普段全く聞かないのですがこのカバーは何回も聞いてしまいます。バックの演奏は一定のリズムでレゲエっぽい感じで続くのですが、そこにTake Fiveのメロディを組み込んでゆらゆらする曲。楽器それぞれで得意なジャンルが違いそうなことがわかるソロも面白いですね。アフロになってラジカセもって揺れながら、街を歩いてみたい曲。

Tito Puente

www.youtube.com

ラテンカバー

ラテンの王のカバーです。ラテン色濃いアレンジです。陽気でイケてるおじさんが出てきそうな雰囲気。連続で5拍じゃないカバーが続いていますが、Take Fiveはどんなジャンルにも合うということが伝わっただろうか。

 

 

陽気なカバーが続いたので次からジャズ色が濃くなります(個性も)。

MICHEL CAMILO

www.youtube.com

ピアノソロカバー

カミロ先生登場。さっきのラテン繋がりでラテンジャズ系のピアニストをもってきましたが、原曲に忠実で丁寧に弾いてるカバーなので聞きやすい。勿論カミロ先生なので盛り上がるところは情熱的に盛り上げてくれます。伴奏も一定なのでこれぞTake Five!といった感じ。

Aziza Mustafa Zadeh

www.youtube.com

ピアノスキャット遠い国から香るカバー

途中でクラシックが入るカバー。

アジザ・ムスタファ・ザデさんです。ジャズピアニスト界で有名な方ですが、日本ではあまり馴染みないような気もします。出身はアゼルバイジャンという、聞いたことねーよな国なので仕方ない。

ジャズなのにところどこ異国感あふれるピアノで、思いつかないようなアレンジがされています。というか途中から別の曲のフレーズが組み込まれたりと、聞いてて面白い曲です。

Will Boulware

www.youtube.com

都会派ジャズカバー

昔ベーシストのリチャード・ボナの曲をあさっている時に発見したカバー。

都会のジャズって雰囲気です。とにかくベースがかっこいい…ボナがスタンダード演奏しているのはあまり聞いたことなかったので新鮮。

昔の曲を今のミュージシャンがアレンジしたらこうなる、っという感じでかなり今風。

Farmers Market

www.youtube.com

問答無用の置いてけぼりお祭りFive

彼らは紹介して良いものか迷いました。非常に迷いました。

ワールドミュージックの棚に置いてあった彼らですが、ワールドを取り込みすぎて凄いことになっているアレンジです。5拍?アレンジして4拍?いいえ11拍です。最初の部分はTake Five感はあるのですが後半からはもう凄いことになってます。最後は完全にどこかの民族音楽に変貌しています。とにかく騒がしく、めちゃくちゃで、でも楽しくて、というバンドなのでかなりオススメのカバーです。

彼らはオリジナルが影響されたブルガリア音楽がルーツなので、それもなんだか可笑しいですね。

おわり

題名が5拍という名前とは言え、5拍で演奏しなければならない理由はないんだと気づかせてくれたカバー達でした。

ちなみにTAKE FIVEの著作権はアメリカの赤十字に寄贈されています。曲が使われれば赤十字お金が入るわけです。かっこよすぎるPaul Desmondに乾杯。

 

他のスタンダードカバーまとめ↓

 

jarannudayo.hatenablog.com

 

広告を非表示にする