読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターとカメラと雑多音楽(ジャズ多め)

音楽と写真を共有したいです。

LaszloというElectro系アーティストが最高~アシッドジャズ好きへおすすめ

音楽 音楽-アーティスト

Laszlo

Laszloというアーティストの「Radial Nerve」というアルバムは良曲揃いだなと常々思っていました。しかし検索しても日本では知名度なさそうな感じだったので紹介します。

Electro系のアーティストですが4つ打ちのダンスミュージックというより、グルーブを意識したクラブっぽい感じなので流行りのEDM系が好みでない方や、色々なジャンルが混ざった音楽を聞きたい方におすすめです。クラブ、アシッドジャズとか好きならハマると思います。

※同名のLaszloというEDMアーティストがSoundCloudにいますが(おそらく)別人です。こちらのアーティストの曲もかっこいいですが。

とりあえず一曲聞いてください

Mr Sunshine

www.youtube.com

Laszloのなかで一番好きな曲です。陽気なマンドリンによる繰り返しのメロディーに、のりのりのリズムが組み合わさります。中毒曲!あとで紹介するアルバム「Radial Nerve」に収録されています。

 Laszloって誰?

私もよくわかりません。ただいい曲を作るということだけはわかっています。

名前の読みすら良く分かりませんが、多分「ラスズロ」です。

最初にも書きましたが、EDMのアーティストではなく「Aaron 'Laszlo' Wheeler 」という作曲者の方が紹介しているLaszloです。

彼は「LydianLabelOnline」レーベル所属で(今は違うかも)何枚かのアルバムを出しています。

何枚かという大雑把な言い方も、Itunesとかでアーティスト名Laszloで検索すると、前述のEDMのLaszloと混じって結果が表示されるのです。別々のアーティストなのにアルバムランキングがまとめられておりカオスです。

曲のジャンルはElectro系と書いてありますが、様々なジャンルの音楽が混ざったようなイメージです。ダンス、ワールドミュージック、ジャズ等の要素をブレンドしたような音楽、と評されています。マッシュアップのような既存のサンプルを引っ張らず、素材の音作りから自作されているようです。

SoundCloudでは、LydianLabelからLaszloの曲が聞けるのでリンクを置いておきます。

Radial Nerveという完成されたアルバム

初めて聞いた時アルバムの世界観の独特さにたまげました。Electro系に疎いので知らないだけなのかもしれませんが、ごちゃまぜっぽいのに全曲の雰囲気に一貫性があるのです。こちらがそのアルバム。(上の動画の「Mr.sunshine」はこのSoundCloudのアルバムには入っていませんがItunesでは収録されています。)

 

全部の曲を紹介したいぐらいなんですが多くなるので特におすすめな曲を紹介。

Tr1.Radial Nerve

一曲目アルバムタイトル曲「Radial Nerve」からピアノのバラバラになったような音階が非常にスリリング。全編この雰囲気を損なわない曲で構成されています。

Tr2.NRV

こちらもおすすめで伴奏での空間の広がりが凄いんです。コーラスも重なりがとっても綺麗。空間系のエフェクトが使われており音があらゆるところに伸びていきます。

Tr3.Saintonge

三曲目は三拍子になっており、ふわふわ回転するような曲調。音が部分部分挿入されるおしゃれな曲で、半ばあたりからのエレクトロピアノの音色は優しさに溢れています。

Tr6.Satori

印象的な歌うようなメロディラインが耳障りに良いです。実際にコーラスで歌ってるんですけどね!シャッフルしてるようなリズムに美しい旋律が乗せられています。

Tr9.Anatolia

今までとは打って変わって、寂しさの残るピアノの曲。急にバラード調になり少ない音数で、間を演出します。ちょっとしたノイズのような効果音も曲を際立たせます。ピアノが音を入れたあとに、Dの単音を置くのですがそれがとっても神秘的。

 

ちなみにこのアルバム名「Radial Nerve」の訳は「橈(とう)骨神経」です。人生で聞いたことも無い神経なんですが…。

アルバムかってもこの曲はなあ…と思うような曲が一つはあったりするのですが、「Radial Nerve」は完璧です。綺麗にまとまりつつもそれぞれ個性が違うのが楽しいアルバムです。

他のアルバムのおすすめ曲

もちろんほかのアルバムにもいい曲は存在しています。が、雰囲気が全く違い万人受けしないので、気に入ったのをピックアップしていきます。

Level Five Stage One

このアルバムは全体的にサイケデリック。いかにも電子世界といったアルバムです。慣れてない人は聞きにくいかも。ドラクエやファイルファンタジーという曲名があるので彼はゲーム好きなのかも。

Tr4.Legend of Lumbar

メインメロディのシンセの音がすごい蠱惑的。現実世界がわからなくなりますね。

 Turning Tide

 Loops 

ループしているフレーズが基本となる曲です。どこにいるのか分からなくなるような感じが好き。ミニマルではないですが似たような浮遊感を味わえます。

Cartoon Hero

 Cartoon Hero

クソダサジャケットから恵まれた楽曲です。ジャケットのように少し懐古的な楽曲なような気もします。音色も古めのシンセな感じ。でもいい。

What Did We Learn Today Kids

同アルバムから。こちらもやはり古い感じがしますが、メロディが楽しい。

スタジオセッションセルフカバー

同じレーベルのアーティスト(?)たちと一緒にセルフカバーしています。

エレクトロ系の人って楽器で演奏するのかどうかあまり知らないのですが、バンド形式で曲を演奏されています。珍しくないですか?ちなみにキーボードを演奏されているのがAaron 'Laszlo' Wheeler さんです。

Mr Sunshine

最初に紹介した「Mr Sunshine」のセルフカバーです。

www.youtube.com

なんという神アレンジ。原曲の電子っぽさがなくなり、民族チックな曲に劇的変化。急に爽やかな感じになりました。盛り上がりのソロ部分もしっかり付け加えられており、人が演奏する際の良さが溢れていますね。

あとドラムのお姉さん綺麗。

Cartoon Hero

www.youtube.com

ちょい古のあの曲もここまでおしゃれになりました。

あとドラムのお姉さんめっちゃ綺麗。

にしても一体感があってかなりハイクオリティなバンドですね。Aaron 'Laszlo' Wheelerのキーボードも多彩な音色で素敵。

ギターのTodd Bakerは他の動画でE-bowとかも使っていますし、音色やフレーズが面白いです。

※彼らの他の演奏動画は他にもあるので関連動画やこちらからどうぞ

www.youtube.com

 

おわり

Laszloの世界。とってもイカしてる世界ですよね。

どの曲も耳に残る繰り返しフレーズが入っていたり、世界観もちゃんと作られているのに日本での知名度がないのが不思議です。今後の活躍に期待。

ただ1年前ぐらいから更新をしていないみたいなので残念。早く新しい曲を発表してほしいなと思うばかりです。

広告を非表示にする