読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターとカメラと雑多音楽(ジャズ多め)

音楽と写真を共有したいです。

秋田一人旅4~田沢湖(駅)

カメラ カメラ-旅行 カメラ-旅行-秋田

f:id:jarannu:20170213174236j:plain

すみだ水族館でかったペンギンガム

 

f:id:jarannu:20170213174237j:plain

朝起きて窓を見るとふわっふわの雪。泳ぎたい…

だらだらしてから出発します。居心地がよく普通に寝すぎたので、スケジュール行動する方は気をつけましょう!私は一日の大半を待機時間で過ごすことになりました!バスと電車少なすぎません?

出発

ぶっちゃけ今日の予定はまるで立てていなかったので、チェックアウトギリギリまでボーッとしていました。朝起きて外の景色見て「ああ…秋田きてるんだった…」と思うぐらいぐだぐだな心持ち。とりあえず朝食のバイキングを吸い込み、山から降りよう!と宿を離れます。

f:id:jarannu:20170213174239j:plain

明るくなってから見るとかなり大衆的で秘境感ないですね。だがそれがいいのだ。

かなーり山奥にあるので、車かバスでしか駅まで行けません。

f:id:jarannu:20170213174240j:plain

バス停でバスを待ちます。本当にここはバス停か?というぐらい雪が積もっており定刻から少し遅れていたので、ひょっとして観光シーズンじゃないとここ来ないんじゃないかといらぬ心配をしておりました。不安でどうしようというところでバスが来ました。いやぁ~秋田のバスは、いいタイミングで遅れてやって来るヒーローみたいですね! 

田沢湖駅

 ということでとりあえず、昨日ちらっと見た田沢湖駅へ戻ります。

f:id:jarannu:20170213174234j:plain

山奥の駅とは思えないぐらいおしゃれなんですよ、これがまた。

色々調べてみると田沢湖は日本一深い湖だそうで、観光シーズンでは割りと混むようです。

f:id:jarannu:20170213174233j:plain

二階に上ると韓国の文字がちらほら。実はここ『アイリス』という韓国ドラマのロケ地になったそうなんです!へ、へぇー。駅の中に、韓国の方が割りといたのもそのせいなんですね。ファンにとっては聖地らしく、撮影に使われたグッズが保存されていました。展示室のようなところではイ・ビョンホン?が田沢湖を笑顔で過ごしている写真が展示してあり、彼も秋田に囚われた一人なんだな…と親近感を覚えました。

しかしなぜ田沢湖でロケしたんだ…

一階の案内所では田沢湖バス一周という胸躍るプランがあり、アキタンチュになるためには田沢湖一周ぐらいしてないとな、券を即買い。

お値段1000円ぐらい、一周しつつ目ぼしいポイントで15分の散策タイムが設けられるという内容だったのですが、次の発車時刻を見ると1時間半後。

す、すくない…あまりにもバスが息をしていない…。というか田沢湖駅からの電車も1時間に1本しか無いので、駅に押し寄せる公共機関観光難民たち。

まあ付近を散策して写真でも撮りながら時間を潰そう。

散策

f:id:jarannu:20170213174241j:plain

駅前

f:id:jarannu:20170213174242j:plain

大きめの病院

f:id:jarannu:20170213174243j:plain

線路

雪が積もってるだけでカシャカシャが捗る捗る。

そしてこのあたりで行方不明になる手袋。あれ?さっきまでポケットに入っていたよね?あいつらすぐどっかいっちゃうから困ったやつだぜ…!

結局隅々まで探したものの諦めて、売店で新しい相棒を買いました。

 

お昼

駅のすぐ側にある『みずうみ』さんで頂きました。

食事処兼お土産屋さんです。

f:id:jarannu:20170213174244j:plain

きりたんぽうどん的なのを注文しました。

これはまさしく五臓六腑にしみわたるきりたんぽや…

きりたんぽといえば焼いたやつしかイメージなかったのですが、案外鍋とか汁物に入れるみたいですね。きりたんぽが汁の中で柔らかくなって非常に美味しかった、立ち位置は餅に近いけど何か違うんですよね。この何か違う感が病みつきになります。

秋田の河童はきゅうりの代わりにきりたんぽを食べているのでは無いでしょうか。と思わせるきりたんぽでした。

 

まだ続くので一旦ここで終了

 

次↓

 

jarannudayo.hatenablog.com

 

 

 初日↓

jarannudayo.hatenablog.com

 

広告を非表示にする